白馬堂印刷株式会社

会長挨拶

未来へ、印刷の新しい価値の創造をめざして

日本が戦後の混迷から発展に向かいはじめた1954年。白馬堂は私の独立創業によって歴史の一ページを開きました。社名の「白馬」は、個人的なことですが、私の干支が午年であることに由来しています。以来、札幌円山で60年。印刷業界も日進月歩の情報通信技術のなかで“IT革命”の洗礼を受けてきました。活字組み版のアナログの時代から、IT最前線の時代へ。白馬堂も例外なく、すべてがコンピュータによる高速・通信ネットワーク化、システム化を抜きにしては語れない時代になりました。

 時代は変化しても「高品質・高技術・高満足」の白馬スタンダードに変わりありません。今までも、これからも。「価値ある情報をカタチに」。私たちは、お客様第一主義・お客様満足主義を守り「情報コミュニケーション」「印刷ソリューション」を合言葉に、新しい領域に挑戦を続けていきます。

 その一環として最近の潮流ですが、企画部門を強化して営業直結の「特設チーム」を立ち上げました。プランニングから印刷まで、企業活動の根幹になる販促・コミュニケーション活動を多角的にお手伝いする提案営業の強化です。また、最新の印刷技術の導入、環境に配慮した印刷資材の提案など、時代ニーズにも先駆けています。

 私たちを取り巻く環境は依然として厳しく、平成の混迷は深刻さを増していますが、白馬堂は創業の原点に立ち返り、印刷の新しい価値の創造をめざして、未来をきり拓く企業でありたいと願っています。

代表取締役会長 花井 馨

代表取締役会長花井 馨